さが暮らしセミナー Vol.14~起業で開くNEXT DOOR事例#8~


「街の日常」をDESIGNする
~シャッター街のエリアリノベーションに挑戦する若手経営者の話~

 2022年度、佐賀県では、豊富な起業支援のノウハウを持つ「佐賀県よろず支援拠点」と、佐賀暮らしの魅力を様々な角度から発信する「佐賀県移住支援室」がタッグを組み、全11回の連続セミナーをお届けします。
 佐賀県内の様々な起業事例を取り上げる、全8回の「事例セッション」の最終回。毎回テーマに沿ったゲストをお迎えし、他では聞けない「起業のリアル」をお話しいただきます。
 8組のゲストのお話を通して、佐賀県の暮らしやすさ、夢にチャレンジする楽しさに触れ、成功の秘訣を感じてみませんか?

事例セッション8回目のテーマは、
「”街の日常”をDESIGNする~シャッター街のエリアリノベーションに挑戦する若手経営者の話~」

 今回のゲストは株式会社RELI.STYLE 代表取締役の船津脩平さん。佐賀市中心市街地で女性専用のフィットネスジムや長時間滞在OKなブックカフェなど6店舗を経営されています。ジムのトレーナーも務める船津さんは、幼いころから空手に励み、世界チャンピオンになったこともあるほど。空手の世界大会で渡米した際に、日本人起業家との出会いに刺激を受け、自らも起業したいと思うようになったそう。
 空き店舗の増えた街を活性化させるには「人が集まる人気のお店」を数多く作る、エリアリノベーションが必要だと考え、2024年までに10の人気店を創ることを目標に掲げて取り組まれています。
 空き店舗の活用、人気店のコンセプト作り、社員にとって魅力的な働く場づくり、など起業のヒントになるようなリアルなお話をいただきます。地方に移住して、自分らしく、起業の夢をかなえたいという方におススメのセミナーです。皆様のご参加をお待ちしています。

<日時>

令和4年(2022年)12月16日(金曜日)18時00分~19時30分

<開催方法>

○会場参加
 ふるさと回帰支援センター セミナールームB
 (東京都千代田区有楽町2-10-1 東京交通会館8階)

○オンライン参加
 オンライン会議システム「Zoom」を利用したオンライン開催
 (お申込みいただいた方にセミナー前に接続先URLをお知らせします。)

<定員>

○会場参加 定員10名
○オンライン参加 定員なし

<内容>

・佐賀県ってどんなところ?
・起業事例#8 株式会社RELI.STYLE船津さん 「街の日常」をDESIGNする~シャッター街のエリアリノベーションに
挑戦する若手経営者の話~
・佐賀県の移住支援メニュー

<ゲスト情報>

○ゲストスピーカー
船津 脩平 さん
(株式会社RELI.STYLE代表取締役)

佐賀県多久市出身。大学で地域づくりや都市デザインを学ぶほか、空手家として世界チャンピオンの経験も持つ。
空き店舗の増えた佐賀市中心市街地に、「人が集まる人気のお店」を多数出店することで地域の価値を上げるという理念のもと、
フィットネスジムの開業から始まり、現在、カフェ、ヘッドスパやレンタルスペースなど6店舗を展開。
2024年までに10の人気店を創ることを目標にエリアリノベーションに取り組む。

※株式会社RELI.STYLEホームページ
https://www.relistyle-inc.com/

※EDITORS SAGA 佐賀を編集するウェブマガジン
・空き店舗のシャッターを開いて、まちの未来を切り開く。
『株式会社RELI.STYLE』代表取締役 船津脩平さん|佐賀市【SAGAローカリスト4】
https://editors-saga.jp/editors/localist2020/20200819_956.html

○ファシリテーター
吉井 裕之 さん
(佐賀県よろず支援拠点コーディネーター)
石川県出身、東京都在住。リクルートでの23年間の人材エージェント経験を経て、中小企業診断士・キャリアコンサルタントとして独立。地方移住の支援は7年目で、一般就職から起業・事業承継まで多様な相談に対応している。2022年4月から現職。

<申込み>

https://www.furusato-web.jp/event/444353/

<お問合せ>

さが移住サポートデスク(東京) 矢野/中島
TEL:090-1657-8205/070-4851-1646
E-mail:saga@furusatokaiki.net/saga2@furusatokaiki.net
【時間】10時00分~18時00分(月曜日・祝日休み)


更新日:2022年11月10日