「浜野浦の棚田の魅力を伝えたい」国重 亜樹奈さん(玄海町)


活動地域
玄海町
活動拠点
玄海町役場
委嘱されている活動

・浜野浦の棚田保全

・アピールイベントの企画 など

出身地
福岡県福岡市
地域おこし協力隊になる前は?
販売員(携帯ショップ)
趣味
ドライブ・お笑い鑑賞
紹介したいURL

浜野浦の棚田 フェイスブック

佐賀県玄海町地域おこし協力隊_instagram

玄海町 ホームページ


―地域おこし協力隊になったきっかけは?
元々、町おこしに興味があり、転職の際、町おこしに関する仕事も選択肢の一つとして考えていました。普通の町より田舎に行きたくて、ネット等で調べていたところ、玄海町に地域おこし協力隊という制度が取り組まれていることを知りました。良い経験にもなるかと思いました。しっかりとした待遇があるのも決め手でした。これまでプライベートでも、県外の方にあまり知られていない様々な佐賀の面白い場所をめぐったりしていました。そのような中、棚田がもともと好きなので、行きたい場所として“浜野浦の棚田”をマップで保存していたので、唐津市呼子の帰りに寄ってみたんですが、その日は遅くなってしまい真っ暗で何も見えず残念でした。でもめぐりめぐって今こうして“浜野浦の棚田”に係わることができています。

―活動内容及び、一番心がけていることは?
耕作放棄地をこれ以上増やさないため、外部の人を巻き込んだ耕作地の活用をすることです。
心がけていることは、耕作者の理解も必要不可欠になると思うので、信頼を高めるために、自己主張しすぎず、自分の考えを伝えて良い距離感を作っていきたいと考えています。 地域おこしのグループ“玄起海(げんきかい)”の方たちと一緒にイベントを行っており、最近は町であっても挨拶を交わしたり遊びにいったりもしています。


-これから力を入れていきたいことは?
棚田の保全の活動と耕作放棄地を増やさないことです。 あと、棚田を見に来てくれる方は多いのですが、地域にお金を落としてもらえる所が少ないので、少しでも棚田の現状を知って頂き、棚田のお米を買ってもらいたいです。そうして地域にお金が落ちる仕組みづくりができたらと思っております。マルシェとかも好きなのでいろんな方と協力してやってみたいです。

―地域に入ってびっくりしたことは?
若い人でも方言が強いことです。敬語に方言まじりなのがとても新鮮です。同世代の人も「こいばそこによかですか?」とかですね。なかでも「ほんなごて」「だいでんよか」は印象に強く残っています。雰囲気で乗り切ってしまうことが多々あります(笑)
名前や個人情報が公開されることにも、最初は違和感を感じました。今は気にならなくなりましたが、「○○に住んどる国重さんやろ?」と教えてもいない人から言われたり、不動産屋さんが表札にも駐車場にも「国重」と名前を貼り出したり、田舎ならではの距離感を感じましたね!
あと見たことない虫に遭遇することがよくあります。「なにこの虫!」というのが多々あり、家にも入ってきたりしますね。

―今はまっていることは?
カレーが好きなので、佐賀県で美味しいカレー屋さんを探しています。
美味しいカレー屋さん教えてください!!

―町内の方へひとこと
よそ者の私を暖かく、優しく受けいれ、協力して下さりありがとうございます。玄海町の当たり前は他の地域にとって感動するものになるかもしれないので、皆さんだけが知っている玄海町をぜひ教えてください。

―町外の方へひとこと
玄海町には新鮮で美味しい、お魚、お野菜、お肉がたくさんあります。棚田を見たついでに、ぜひ玄海町を散策してみてください。海も山もある自然豊かな玄海町は、地元の人も知らない発見ができるかもしれません。そして歩き回って汗をかいたら、‘玄海海上温泉パレア’のお湯にゆっくりつかって疲れを癒してください。


-地域おこし協力隊を志す人にアドバイスを。
「この地域はこうしたらいいのに」という何気ない気持ちが実現できるかもしれないお仕事だと思います。働いていく中で失敗や衝突もあるかと思いますが、自分の行動が、やってよかった、無駄じゃなかった、町がよくなったなど、後悔のないような貴重な3年間になればいいんじゃないかと思います。


トップへ戻る