さが未来スイッチ交付金

目的

 山間部・離島などの条件不利地域や旧産炭地域など、人口減少やこれに伴う地域の活力低下が顕著な地域は、佐賀県内にも多くみられます。
 これらのうち、「過疎地域」に指定されている地域は、国の財政制度上優遇されていますが、実は、過疎地域に指定されていなくても、同様の課題を抱えている地域はたくさんあります。
 そこで県では、法令上の過疎地域、非過疎地域の別なく、実質的にこれらの課題を抱える地域を支援するため、平成28年度から「さが未来スイッチ交付金」を創設します。

img_0510

対象地域

各市町の中でも、人口減少、高齢化等の観点から、実質的に過疎化が顕著な地域
※市町がそれぞれの観点から判断します。

概要

市町が実質的な過疎地域の活性化や、コミュニティ活動の充実強化のための事業を行う場合に、50%を上限に交付金を交付します。

sagamiraiswitch_img02

 

事業の募集

県内市町では、市民の方に事業のアイデアを募集されています。詳しくはこちらへ

 



トップへ戻る