2019年08月27日(武雄市)
NPO法人 Aスタ「タマリバ」づくり

 

地域課題


・地域活動や子ども会活動に関して、(大人の)参加者数そのものが横ばいもしくは減少傾向にある。

・子どもと大人の縦の繋がりが薄れている。近所の子どもの名前が分からない。

・大人も子どもも歴史ある建物に触れる機会がない。

 

 

「タマリバ」づくり


空き家を活用し、様々な立場の子どもたちが集う「タマリバ」になることで、地域住民の方々に興味関心を持ってもらい、地域活動や子供会活動に関して、今まで関わりが薄かった住民にも、参加できる機会と場所を提供することで、地域の活性化を図りたい。

 

 

 

こどもそろばん教室無料体験会


子どもたちの夏休みの期間に合わせて「こどもそろばん教室」無料体験会を実施。

また、体験会と一緒に夏休みの宿題もやってもらえるように寺子屋を開放。

 

 

 

「食飲会議」小学校の先生たちと空き家(橋口邸)にて親睦を深める


小学校の先生と、Aスタのメンバーで実施された「食飲会議」

学校とはまた違った環境で、先生たちや地域の方と関わることのできる環境づくりをしたいという想いで実施された。

他愛もない会話で盛り上がる様子。このような会が不定期で開催できるよう場所づくりに努めたいとのこと。

「皆さんにもそれぞれの家庭があるので、家族の時間を妨げないよう不定期で」と、代表の岡本さん。

 

 

 

自発の地域創生プロジェクト



トップへ戻る