加唐島(かからしま) -武寧王と椿の島-

加唐島

 古代朝鮮三国時代の百済王である武寧王生誕の伝説が残るこの島では、毎年6月頃に日韓交流イベント「武寧王生誕祭」が開催され、大勢の参加者で賑わいます。また、この島に自生する椿を使った、純度100%の椿油が人気です。

面積
約2.84km²
周囲
14.6km
人口
131人(平成27年国勢調査)
本土との距離
3.5km
定期船
唐津市HP
(1日4便、所要時間約17分、大人片道510円(往復970円) ・子ども片道260円)
宿泊施設
宿泊施設数:1施設
民宿ゆうすげ >Yahoo!ロコ
  • 百済の第25代国王「武寧王」が誕生したとされるオビヤ浦洞窟

    百済の第25代国王「武寧王」が誕生したとされるオビヤ浦洞窟

  • 特産品は島に自生している椿からとれる椿油

    特産品は島に自生している椿からとれる椿油

  • 漁港からの眺め。主要産業は他島と同じく漁業。

    漁港からの眺め。主要産業は他島と同じく漁業。



トップへ戻る