過疎地域の活性化に向けた取組事例

過疎地域の市町村では、財政が脆弱であることに加えて、自立促進を図るための事業を特に行う必要があることから、特別な地方債、いわゆる「過疎債」の発行が認められているほか、過疎地域等における喫緊の諸課題に対応するための国や県の各種交付金制度も設けられています。
佐賀県の過疎地域においても、これらの制度を活用するなどして、現在多くの取組が行われています。ここでは、その一例を紹介します。

納所交流センター
納所交流センター「くつろぎ」と
「ビワノミサイダー」(多久市)



トップへ戻る