「アイデアや人をつなげて、協力隊だからできる創意工夫を!」  第2回 佐賀県地域おこし協力隊研修会を実施しました。

令和3年度第2回 佐賀県地域おこし協力隊研修会を開催しました。

第2回テーマ:「アイデアや人をつなげて、協力隊だからできる創意工夫を!」
日時:令和3年10月8日(金)
場所:佐賀県市町会館 大会議室A
講師:手島順也さん

今回は福岡県香春町の地域おこし協力隊OBである手島順也さんを講師にお招きしました。協力隊時代からOBとなった今も取り組まれている活動の、良かったことから失敗したことまで、OBならではのリアルなお話を伺いました。現役協力隊のみなさんにとって、大変参考になったのではないでしょうか。

研修の後半で実施したのは「みんなのアイデア集めよう!ブレストワークショップ」。ブレストとはブレインストーミングの略です。コロナ禍で活動に制限があるなか、アイデア出しの機会も減ってしまっています。事前に地域おこし協力隊のみんなからブレストテーマを募集し、みんなでブレストをすることで、今後の活動のヒントにつなげようとする試みです。テーマの一例として「過疎地で仕事をつくるには」「空き地の活用方法は?」「自分のマチに住む人がより“マチ”を好きになるには?」「ヨガでどう稼ぐか?」などなど。アイデアの数が多いグループの勝ち!普段は自分だけで考えて煮詰まってしまいがちです。他の地域おこし協力隊のみんなと一緒に、今までになかったアイデアがたくさん生まれて、何よりみなさんが楽しんでいる様子が印象的でした。講師の手島さんが「佐賀県地域おこし協力隊ネットワーク、現役協力隊員の距離が近いことが強烈に印象に残っています」とFacebookで記事にしてくださるほど、佐賀県内の地域おこし協力隊の横のつながりは絶賛強化中!です!!このつながりが活動のモチベーションアップになることを願って、私たち佐賀県と佐賀県地域おこし協力隊ネットワークは日々アイデアを“ブレスト”しています。