【10月8日(土)~9日(日)】嬉野市吉田地区で夜を彩る光のイベントが開催されます!


小さな磁器産地で夜の散歩をしてみませんか?

ボシと呼ばれる窯道具に光を灯した「ひかりぼし」がまち並みや会場を照らし出します。
当日は窯元工場の見学や磁器の直販も予定されています。
昼間とは違う景色、吉田皿屋ひかりぼし限定メニューや芸術祭など、夜の散歩をお楽しみください。
※吉田皿屋芸術祭については、入場料1,000円(小学生以下無料)
※詳細はパンフレットをご覧ください。

【開催日時等】

日時:令和4年10月8日(土曜日)~9日(日曜日)18:00~
会場:肥前吉田焼窯元会館周辺(佐賀県嬉野市嬉野町大字吉田丁4525-1)

【観覧費】

無料
※吉田皿屋芸術祭については、入場料1,000円(小学生以下無料)

【ボシとは】

ボシとは器を焼く際に、窯の中にできるだけ多く、効率よく積み重ねる為に使用したり、
窯の中に舞うゴミが器に付着しないよう保護する目的で使用されていました。
同じ形状のものが多く生産されていた時代は必要不可欠のモノでしたが、小ロット
多品種生産の今の時代には、不必要なモノになり、吉田地区に使われなくなった「ボシ」
が約3万個あるといわれています。吉田皿屋ひかりぼしでは、不要になったボシ4,000個
に光を灯し、地域の夜を彩ります。

【お問い合わせ先】

吉田皿屋ひかりぼし実行委員会 
TEL:0954-43-9322
インスタグラム:@hikaribosi


更新日:2022年09月15日