18小城市

地域にあるものに、輝きをひとさじ。

特産品の「ようかん」「ぶどう」を生かしたブランド化事業 [一般社団法人 文化・芸術の泉 アール・フォンテヌ]

ほんの少しの時期はずれで廃棄されてしまうぶどう、消費が低迷する名物のようかん。こんなに美味しいんだから、もっと売れてほしい、小城の顔になってほしい。そんな気持ちから新商品開発プロジェクトが始動した。軽くて、日持ちがして、美味しくて、小城らしい。消費者のニーズを考え抜いた新商品は、早くもバイヤーたちの注目を集め始めている。

ぶどう園の下で、アイディアを練る。
地域を盛り上げたい。議論をするうち、つい、熱くなる。
新商品の大粒干しぶどうと、お干菓子のようなとろける羊羹「ようかんとりゅふ」。展示会では、海外バイヤーからの注目も集める。