09唐津市

いつものまちがキャンパスになる。

学び・発見を通した「まちなか」人財育成、交流人口促進事業 [カラツ大学実行委員会]

中心市街地のお店が、個性あふれる学びの場となっていく。まち全体をキャンパスに見立てるこの取組は、様々な知的好奇心を受け止める、まさにひとつの「大学」だ。酒屋店主に学ぶ利き酒講座、伝統ある旅館で開催する薬膳鍋講座、バリスタに教わるラテ作り講座など、バリエーション豊かな講座の数々が、ここにしかないまちづくりを彩る。このまちならではの講座を展開し、<豊かな暮らしを提案できる中心市街地>をめざしていく。
karatsudaigaku.com

「顔の見える関係」が、このまちをかけがえのないものにしていく。
客席からは見えなかった「プロ」のこだわり。一軒のお店という世界の奥深さを知る。 
いつもの店で、利き酒講座。まちも店もお酒も、何だか一味違って映る。