唐津元気プロジェクト

場所:唐津市湊地区

連携先:慶應義塾大学

取組期間:H29.2月~

唐津市湊地区の現状

唐津市湊地区には、七ツ釜という玄界灘に面した柱状節理の岸壁からなる景勝地があります。その風光明媚な場所は、観光地であると同時に、地域住民にとっては昔から慣れ親しんだ場所でもあり、将来にわたって守り引き継いでいきたい思い入れの強い場所です。
しかし、近年、七ツ釜へ訪れる人が減っており、いかにして賑わいを取り戻すかが課題となっています。

慶應義塾大学との連携

持続可能な形で七ツ釜を盛り上げる仕組みを作ることを目的とし、地元の若手住民と慶應義塾大学総合政策学部の飯盛義徳教授及び研究室の学生が連携し、七ツ釜により多くの人を誘客するために取り組んでいます。学生たちは、現地調査や住民ワークショップで地域の思いやアイディアを引き出し、住民が自分たちで実現できる企画を立案し、実践できるようにサポートしています。

七ツ釜を誇れる場所にすることを目指して

2018年1月に福岡県・佐賀県内に住むカップルや家族をターゲットとして、「七ツ釜の夜の自然をPRする」ためのイベントを実施します。地域住民が、このイベントの企画から実行までの過程を経験することにより、 PDCAサイクルをうまく回すノウハウを学び、その後の活動が継続できるよう目指します。

URL:唐津元気プロジェクト https://isagaisagapro.amebaownd.com/