小川島レポート(ロケットづくり)

小川小中学校にて。
先日、夏休み中の課外活動として、ペットボトルロケットづくりが行われました。


(1日目:かっこいいロケットを作って発射実験、2日目:発射台やミニロケットを作って発射実験!)先生に見守られながら、ロケットの制作から発射までを子どもたちの手で行います。
「だいぶテープの長さ(ペットボトルロケットの部品を繋げるためのテープ)が良くなってきたね」「明日は何を入れて飛ばすのか早く知りたい!」世界に1つだけのオリジナルのロケットづくりに子どもたちも興味津々です。


いよいよ発射の時!
どれくらいの水や空気を入れたら、どれくらい飛ぶのか、水と空気の性質を学びながら何度も試みます。友達と一緒に試行錯誤しながらモノづくりをすること、ロケットが飛んでいく原理を実体験を通して学ぶこと、そして何よりも、子どもたちが楽しみながら学びを深めていることに自然と見ている私も笑顔がこぼれます。


グラウンドいっぱいに(何なら学校を飛び越えてもOK??)どこまでも遠くに飛ばせる島の学校のゆとりある環境。これぞ島の学校ならではの良き取組ですね(^^♪何も遮るもののない広い島の空に、ロケットと子どもたちの笑い声が飛んでいく。

※からつ七つの島活性化協議会では、「家族留学」、「孫留学」の他に「寮留学(小川島のみ)」でも留学生を募集しています。
(ファンファン福岡HPはこちら

※県では、令和元年度から島留学促進事業に取り組んでいます。