新たな体験プログラムづくりー港町呼子の海辺をめぐるサイクリングー

呼子と言えば、イカや朝市が有名ですが、港町の風情を残す伝統的な町並み景観を守るための活動と、その景観を生かしたまちづくりを港町呼子まちなみ保存協議会では行っています。
その活動の中で、呼子を訪れた人にもっと呼子の魅力を知ってもらいたいと新たな体験プログラムづくりを始めました。その中のひとつに電動付きアシスト自転車で、港町呼子の周辺をめぐるサイクリングがあります。

今回は、朝一通りをスタートし、遊覧船乗り場~殿の浦~呼子大橋~加部島~田島神社~杉野原キャンプ場から折り返し朝市通りに戻ってくるコースを試走しました。

アップダウンのある道路も軽々と運転できる電動付き自転車ならではの爽快感を味わいながら3時間ほどコースを巡りました。港町を一周し、杉ノ原キャンプ場からは4つの離島も見え、呼子ならではの景色を味わうことができました。これから、さらにサイクリングコースを増やして、呼子を訪れた人へ新たな体験として提供していきます。

※  港町呼子まちなみ保存協議会は、佐賀県のさが自発のチャレンジモデル創出事業を活用しています。