全国初!「レジャートライアスロン(LTA)」実現に向かってチャレンジ中☆

「LTA」ってみなさんはご存知ですか?きっと知らないと思います(^^♪なぜなら全国でも最初に始める取り組みだからです!!!「L(レジャー) T(トライ)A(アスロン)」と名付けて、私たちさが創生推進課は実現に向けて取り組んでいます。

正式なトライアスロンは水泳・自転車ロードレース・長距離走の3種目で構成されています。私たちが考える「レジャートライアスロン」は、カヌー・電動自転車・低山登山・フットパス等、レジャー要素を組み合わせて、老若男女楽しんでいただくコンテンツをめざしています。今回は、カヌー、電動自転車、フットパスを関係者で体験してみました!まずは寒水(しょうず)川でカヌー!寒水川は通常、水深約20㎝程度(※天候によります)。未就学児が立って遊べる穏やかな川です。上流へ漕ぐのも難なくできて、初心者でも楽しく遊べます。今回は、地域おこし協力隊(山菜料理人見習い)の日髙さんに「小柄でかよわい女性代表」モニターとして参加されました。日髙さんは身長約150cmで、カヌーは初挑戦!日髙さんの笑顔が物語っています。「楽しい~マイカヌー買ってまたやりたい♪」と大満足でした。フットパスは徒歩と電動サイクルを使って、実際に歩いてみました。フットパスは元みやき町地域おこし協力隊の麻生さんが作られたコースです。現在もみやき町の重要な観光のひとつです。麻生さんはみやき町の出身。東京農業大学で教授を歴任後、故郷のみやき町に恩返しをしたいと地域おこし協力隊になられて、みやき町のフットパスを立ち上げた立役者です。(↓写真一番右が麻生さん)植物がご専門だけあって、道端に生えている植物を「これ何かな?」というとすぐに「○○ですよ」と教えてくださり、生きた植物図鑑⁈でフットパスの小径がものすごく充実したものになりました。何もない小径なんて無いことを麻生さんが教えてくれました。今回の体験会で改善点、みやき町の良いところを再発見できました。これからも体験会や試行錯誤を行って、みんなが楽しいレジャートライアスロンを作りあげます!みなさん楽しみに待っていてください。

====================
☆☆フットパスとは?☆☆
====================
フットパス(footpath)とは、魅力的な風景を歩いて楽しむための小路のことでイギリス発祥の散策文化です。みやき町ではまちの魅力のひとつとしてマップを制作して観光協会で配布されています。
【問い合わせ先】みやき町観光協会: TEL 0942-96-4208

【おまけ】
たまたま立ち話をした地元の方に「真竹(またけ)⁈い~っぱいあっさ!採りに行こう!」と急きょ真竹採りに寄り道!竹林を分け入り真竹の採り方をその場で教わり、気づけばこんなに!
「梅もさ~採らなきゃ危なかさ!持ってって!(道路で梅の実がつぶれると滑る原因になる)」と道路沿いの梅の実もいっぱいいただくこととなりました(笑)
体験会は予想外の寄り道をしておみやげを持って帰ることになりました。こんなふれあいは地方ならでは!みやき町の豊かさを思わぬ形で体感できました。