防波堤に壁画アート

加唐小中学校にて。
 みなさんも防波堤に描かれた色鮮やかな壁画をご覧になった方も多いのでは??(゚▽゚) 加唐小中学校では、小学校、中学校をそれぞれ卒業する児童生徒が卒業セレモニーとして、島の防波堤に壁画アートを制作します(^^)
 当日は船が欠航するのではないかと思うほどの強風のなかで縁塗り作業を(゚o゚)!自分たちで考えた下絵を見ながら「ちょっと大きいかな」「猫可愛く描けたよねー」など、子どもたちの無邪気な声が飛び交います。

寒い中、手を震わせながら描く子どもたち、でも冗談を交え楽しんで描く子どもたち、真剣な表情で黙々と描く子どもたち。いろいろな表情を見せる子どもたちですが、皆の想いはただひとつ、自ら考え企画した壁画のアートを自分たちの手で完成させること。
 子どもたちが心を込めて描く卒業制作アートがもうすぐ完成します。
 この絵が完成し、島に暖かい風が吹くようになると、この島を離れる卒業生も。みんなで描いた壁画と、島で過ごした想い出はいつまでも色あせることはないでしょう。

※からつ七つの島活性化協議会では、島留学生を募集しています。(からつ七つの島 島留学HPへ)

※佐賀県では、島留学を推進しています。