2018年02月22日
平成29年度 地域おこし協力隊活動研修会(第4回)を開催しました。

こんにちは、担当の寺田です。

今日は先日行われた、地域おこし協力隊活動研修会の模様をお伝えします。

今回はさが地域ッズサポーターが配置されている、太良町で開催され、開催町の施策、地域おこし協力隊OGで地域おこし協力隊活動終了後も佐賀県に残り活動している、小峰さん(唐津市)、門脇さん(佐賀市)の事例発表、さが地域ッズサポーター小野さんの事例発表、太良町内で活躍されている事業者の発表など盛りだくさんの内容でした。

 

 

 

最初に太良町岩島町長より、「太良町のまちづくりについて」の説明がありました。太良町では、若い人の結婚、子育て支援に力を入れて、結婚祝い金20万円、太良町内で結婚式を上げると、さらに20万円の支給や、小中学校の給食の無料化など、さまざま施策についてお話がありました。

太良町岩島町長

 

続いて、「今、私がここにいる理由」という演題で地域おこし協力隊のOGで、協力隊終了後も佐賀県に残り活動をしていいる、小峰朋子さん、門脇恵さんに、講演していただきました。

小峰さんからは、担当した、離島コーディネーターとして、唐津七つの島の方々と、島を元気になる取り組み(七つの島物産展、島と大学との連携事業、島での一日限定レストラン「リストラテマツシマ」など)をしたこと、その結果、終了時には各島の区長さんが署名を集め、唐津市にたいして、小峰さんを離島コーディネーターとして、今後も残していもらうように働きかけがあり現在に至ることなどの話がありました。

唐津市コーディネーター 小峰さん

 

門脇さんからは、協力隊時に取り組んだ、佐賀市富士町で林業を中心とした地域おこし(イベント等での木工教室、林業体験合宿の企画、探しさんの木材を利用した製品作りなど)の話や、定住の3か条(①家が見つかった ②家族も定住する気満々だった ③生活が成り立つめどがあった)の条件がそろい富士町に定住した経緯を話していただきました。

門脇さん

 

続いて、さが地域ッズサポーターの小野さんより、さが地域ッズサポーターの概要、活動報告、これからやりたい事などの話しがありました。向かって右端たっているのが、小野さん。

さが地域ッズサポーターのみなさん

続いての太良町内の事業者の体験発表では、風の牧場の上野ちひろさん、A-nokerの安東さんからそれぞれの事業での体験談、これからの展望を話していただきました。

風の牧場、上野さん

森のアスパラ、安東さん。



トップへ戻る