半島地域の振興

半島地域の特性

半島地域は、三方を海に囲まれ、平地に恵まれず、幹線交通体系から離れているなどの制約の下にあることから、産業基盤や生活環境の整備等が通常の地域に比べて遅れがちであり、また全国平均を上回るペースで人口減少、高齢化が進行するなど、厳しい状況にあります。そこで半島振興対策を実施すべき半島地域を定め、さまざまな施策を行っています。

2つの半島振興対策実施地域

佐賀県には北松浦地域と東松浦地域の2つの半島振興対策実施地域があり、どちらも佐賀県と長崎県をまたがる地域で構成されています。佐賀県内で指定を受けているのは、以下の3市町6地域です。
東松浦地域
唐津市(旧唐津市、旧肥前町、旧鎮西町、旧呼子町)、玄海町
(長崎県 松浦市鷹島町)
北松浦地域
伊万里市
(長崎県 佐世保市[一部]、平戸市[一部]、松浦市[一部]、佐々町)

hantouchiiki_img04

半島振興計画

県は、半島振興法に基づき半島振興計画を作成します。同法が平成27年4月1日に延長・改正されたことに伴い、半島振興計画も平成28年2月に変更を行いました。県では、今後10年間この計画に沿って同地域の振興に取り組んでいきます。

東松浦地域半島振興計画(H28.2〜)(PDFファイル)

北松浦地域半島振興計画(H28.2〜)(PDFファイル)

国土交通省:半島振興対策の推進(国土交通省HP)



トップへ戻る