白石町秀津・栄町活性化プロジェクト

場所:白石町

取組期間:平成27年11月~

誰も歩いていない商店街

秀津・栄町商店街はかつて人通りが多く、たくさんのお客さんで賑わっていたが、1970年代以降、町内にコンビニや大型スーパーが進出したことにより、商店街の人通りが減り、現在は空き店舗が増え、商店街や地区全体の活気が失われつつあります。このような中、地域住民の有志が「スマイルまちづくりプロジェクト」を立ち上げ、地域の課題解決のアイディアを実践していきながら、地域の日常に人通りを増やす取組を行っています。

まちに賑わいを再び

スマイルまちづくりプロジェクトでは、「子育て世代が安心して子育てできるまち」、「小中高生が最高の青春を過ごすまち」、「高齢者も娯楽を満喫できるまち」を目標に、賑わいのある地域づくりを目指しています。まずは、商店街に立地している秀津・栄町地区の交流施設「元気のたまご」に訪れる人を増やすため、開館時間の延長や学習スペース・野外パブリックスクリーンの設置、花植え・芝張りワークショップの開催など様々な取組を行っています。

愛着のある持続可能な取り組みへ

元気のたまごの広場の維持管理や賑わいづくりの取組を継続していくには一定の経費がかかります。
そのため、活動経費を賄い、かつ地域住民や地域外の人々も楽しむことができる取組のひとつとして芝生広場で BBQが手軽にできるよう地元産の食材の販売と器材のレンタルを開始する予定です。 日常的に「元気のたまご」に人が集い、そこから商店街や秀津・栄町地区に人が流れていくよう地域の皆さんと楽しみながら取り組んでいきます。

URL:スマイルまちづくりプロジェクトhttps://www.facebook.com/4614.smap/